山田税理士事務所

freeeの導入、税金、会計、Excel&ITを使った合理化をサポートします。

webプラウザの起動ページの設定、データのダウンロード場所を変更すれば、1日3分作業の手間が減ります。

time 2015/11/12

webプラウザの起動ページの設定、データのダウンロード場所を変更すれば、1日3分作業の手間が減ります。

起動ページやデータのダウンロード場所は意識していますか。

ちょっとしたコツで手間が減ります。

webプラウザの起動ページの設定

いつも必ず見るホームページを設定しておくと見忘れが無くなりますし、いちいち開く手間が無くなります。

起動ページ、ダウンロード場所それぞれgoogle chromeの場合を説明します。

1.右上の三本線マークをクリックし、設定を選択します。

ダウンロード

2.起動時の特定の1つのページまたは複数のページを開くのページ設定をクリックします。

ダウンロード2

3.起動ページの中にURLを入力する場所がありますので、起動時に見たいホームページのURLを入力して、OKをクリックすれば設定が完了します。

ダウンロード3

見たいホームページを開いてURLをコピーして貼り付けをするのが簡単で間違いがありませんのでお勧めです。

ダウンロード場所の変更

webでデータをダウンロードする際、初期設定のままだとダウンロードフォルダに設定されていると思います。

これをデスクトップ上等使いやすいフォルダに設定するとダウンロードフォルダまで開く必要が無くなり、データの削除や保存等の手間が減ります。

1.右上の三本線マークをクリックし、設定を選択します。(ここまでは起動ページの設定と同様です)

ダウンロード

2.設定画面の詳細設定をクリックし、下部にあるダウンロードのダウンロード保存先からダウンロードしたデータを保存したいフォルダを指定します。

ダウンロード4

ダウンロード5

まとめ

起動ページの設定やダウンロード場所の変更で短縮できる時間は1回1回は非常に少ないですが、頻繁に使うものです。

塵も積もれば山となるではありませんが、小さいことからコツコツと積み重ねていけば確実に事務処理の時間が減りますので、小さいと思わずにぜひ起動ページの設定やダウンロード場所の変更をやってみてください。

管理人

山田周平

山田周平

サックス好きの税理士です。 税金だけでなく、趣味などについても書いていきどんな人物なのかがわかるようにしていきます。

最近のコメント

    にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
    にほんブログ村
    クラウド会計ソフトfreeeフリー

    パートナー事務所

    logohiromasu2
    
    UA-67246197-1