山田税理士事務所

freeeの導入、税金、会計、Excel&ITを使った合理化をサポートします。

Google Analyticsの参照元にあるclaim67246197.copyrightclaims.org はリファラスパムのため対策を取りましょう。

time 2015/11/13

Google Analyticsの参照元にあるclaim67246197.copyrightclaims.org はリファラスパムのため対策を取りましょう。

最近GoogleAnalyticsの参照メディアに見知らぬアクセスがあり、調べてみたらリファラスパムと判明しました。

最近リファラスパムが流行っているようなので注意してください。

リファラスパムとは

サイトに足跡を残し、サイトの管理者に興味を持たせ、自分のサイトへ誘導するものです。

しかも、今回のclaim67246197.copyrightclaims.orgは、頭にclaim(クレーム)とあり、何か悪いことをしてしまったかなと考え相手のサイトへ行って見ようと思ってしまい、非常に質が悪いです。

リファラスパム

サイトの確認方法

足跡を残したサイトが悪質なものかどうかを確認する方法としてはaguseをお勧めします。

1.サイトのトップページに検索したいホームページのURLを入力する場所がありますので入力をして、調べます。

リファラスパム2

2.調べると下記のような画面が表示されます。

調査結果の隣に〈外部にリダイレクトされています〉と表示されたり、サイト名がロシア語であったりスクリーンショット〈画像をクリックすると拡大されます〉のサイトが明らかに外国のサイトで怪しさ満点です。

リファラスパム3

 

自サイトのアクセスを除外する設定方法

リファラスパムにアクセスされるとGoogleAnalyticsを使って正確な自サイトの分析ができなくなるのでアクセスを除外しましょう。

1.GoogleAnalyticsのアナリティクス設定のフィルタのフィルタ追加を選択します。リファラスパム4

リファラスパム5

2.フィルタの設定を行います。

フィルタ名

特に指定はないので、わかりやす名前をつけてください。

フィルタの種類

カスタムを選択します。

フィルタフィールド

キャンペーンのソースを選択します。

フィルタパターン

アクセスを除外したいURLを入力します。
(今回の場合は、claim67246197.copyrightclaims.orgを入力します〉

リファラスパム6

なお、合わせて相手のIPアドレスもフィルタで除外するとより対策となります。

まとめ

今回のスパムは一瞬自分のサイトにアクセスが増えたと思わせ非常に質が悪いです。

見つけたらすぐにフィルタをかけてアクセスを除外しましょう。

管理人

山田周平

山田周平

サックス好きの税理士です。 税金だけでなく、趣味などについても書いていきどんな人物なのかがわかるようにしていきます。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
クラウド会計ソフトfreeeフリー

パートナー事務所

logohiromasu2

UA-67246197-1