山田税理士事務所

freeeの導入、税金、会計、Excel&ITを使った合理化をサポートします。

吹奏楽で使う管楽器で一番経済的な楽器

time 2015/10/20

吹奏楽で使う管楽器で一番経済的な楽器

税理士が吹奏楽で一番経済的な楽器を考えてみます。

吹奏楽で使用している管楽器

吹奏楽で使用している管楽器は大きく分けて木管楽器、金管楽器2種類に分けられます。
よく誤解をされますが、楽器の素材が金属だから金管楽器に該当する訳では無く、音の出し方次第で木管楽器か金管楽器に分かれます。

木管楽器

金管楽器に比べて精密なつくりとなっており、楽器のメンテナンスにお金がかかります。
フルートは本体の価格が700万円や時価など、高価なものが多いです。
クラリネットやサックスは楽器を吹く際にリードと呼ばれる消耗品が必要で、毎月2千円~3千円程度の出費があります。

フルート

クラリネット

サックス

金管楽器

定期メンテナンスに費用が必要ですが、木管楽器ほどではなく、フルートのように高級外車が買えるほど高価な楽器はありません。
また、クラリネットやサックスのように毎月出費が必要なものもありません

トランペット

トロンボーン

ホルン

ユーフォニアム

チューバ

まとめ

同程度の楽器を使うのであれば、メンテナンスの面や毎月の出費から木管楽器よりも金管楽器が経済的です。
さらに、金管楽器の中でも本体価格やメンテナンスの面からトランペットが一番経済的です。
経済的な面だけで自分の吹く楽器を決めることは無いと思いますが、最後に迷った際の判断基準の一つにしてもらえればと思います。

管理人

山田周平

山田周平

サックス好きの税理士です。 税金だけでなく、趣味などについても書いていきどんな人物なのかがわかるようにしていきます。

最近のコメント

    にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
    にほんブログ村
    クラウド会計ソフトfreeeフリー

    パートナー事務所

    logohiromasu2
    
    UA-67246197-1