山田税理士事務所

freeeの導入、税金、会計、Excel&ITを使った合理化をサポートします。

請求書発行はmisocaを使おう。請求書発行の時間が減ります。

time 2015/11/02

請求書発行はmisocaを使おう。請求書発行の時間が減ります。

毎月同じ得意先の請求書をExcelで行っていませんか?

misocaを使えば経理作業を効率化できます。

misocaとは

クラウドで請求書を発行できるソフトです。

請求書の郵送は有料で代行になりますが、請求書の発行は無料でできます。

PDFで得意先に請求書などを送っている場合には非常に使いやすいソフトです。

misocaを進める理由

misocaを進める理由は大きく3点

定期的に請求書を送る得意先には、自動で請求書を作ることができ経理の効率化が図れる

定期的に同じ得意先に送るのに請求日付を変えたり、請求内容を「10月分」から「11月分」に変えるだけであれば設定をすれば自動で請求書が作成されます。

回収保証のサービスがある

有料にはなりますが、請求先ごとに回収保証が付けられるため新規取引先など未回収の心配をする必要がなくなります。

会計ソフトとの連携が取れる

会計ソフトに付随している請求書作成ソフトがあれば連携する事がありましたが、misocaは「弥生」、「freee」、「MFクラウド会計」等のソフトに連携できます。

会計ソフトの乗り換えに合わせて請求書作成ソフトを変更する必要がありません。

自動で請求書の作成、会計ソフトとの連携を図る方法は、misocaで毎月自動で請求書を作成、freeeで回収管理をして作業を効率化する。で書いています。

まとめ

無料でも便利で使いやすいソフトがあります。

Excelにこだわるのではなく、経理業務の効率化が図れるようであればmisocaだけでなくいろいろなソフトを使ってみましょう。

 

管理人

山田周平

山田周平

サックス好きの税理士です。 税金だけでなく、趣味などについても書いていきどんな人物なのかがわかるようにしていきます。

最近のコメント

    にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
    にほんブログ村
    クラウド会計ソフトfreeeフリー

    パートナー事務所

    logohiromasu2
    
    UA-67246197-1