山田税理士事務所

freeeの導入、税金、会計、Excel&ITを使った合理化をサポートします。

freeeの自動化は部分一致が重要です。

time 2016/06/10

freeeの自動化は、自動化ルールを設定する際に部分一致をうまく使うことが重要になります。

取引の自動化をさせる方法

日々の取引を自動化させるための方法は大きく分けて2つあります。

1.日々の取引で自動化させる方法

2.設定の自動登録ルールの設定から登録する方法

取引を自動化させるならどの方法を選択するべきか?

吸い上げたCSVの摘要次第で選ぶ方法が変わってきます。

通帳で毎月同じ明細で記載されるようなものは、日々の取引で自動化させる方法で問題ありません。

しかし、カード明細等で出てくる「会社名+××ガツブン」のような毎月変動する明細は日々の取引で自動化させたとしても「××ガツブン」が毎月変動してしまうため日々の取引で自動化させる方法はなじまないため、自動登録ルールの設定から「会社名」を部分一致、前方一致、後方一致のいずれかを選択し「××ガツブン」が変動しても問題無いようにするべきです。

なぜ部分一致が重要なのか?

前述した通り、部分一致以外にも前方一致や後方一致といった自動登録のルールがありますが、前方一致や後方一致をルールとした場合取引内容の記載の内容が前後逆になった際に対応できなくなります。

部分一致であれば取引内容が前後逆になろうが取引内容に登録した内容が入っていれば対象となるため、柔軟性が出て自動登録が進みやすくなるため自動化には部分一致が重要となってきます。

管理人

山田周平

山田周平

サックス好きの税理士です。 税金だけでなく、趣味などについても書いていきどんな人物なのかがわかるようにしていきます。

過去1週間の人気記事ランキング

まだデータがありません。

最近のコメント

    にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
    にほんブログ村
    クラウド会計ソフトfreeeフリー

    パートナー事務所

    logohiromasu2
    
    UA-67246197-1