山田税理士事務所

freeeの導入、税金、会計、Excel&ITを使った合理化をサポートします。

freeeの現金取引の入力の手間を減らす方法。

time 2015/11/09

freeeの現金取引の入力の手間を減らす方法。

freeeが自動で記録してくれない現金取引をExcel等を使えば直接入力するより簡単に処理できます。

入力の手間減らす方法

経費の支払いに現金を使用しない

会社や個人事業用のクレジットカードを作成して、クレジットカードから経費の精算を行う。

クレジットカードであれば自動取引の対象となり、入力の手間が減ります。

Airレジなどの外部サービスと連携させる

現金売上があると、経費精算で現金を使わなかったとしても現金取引の入力が出てしまいます。

Airレジなどの外部サービスと連携するとレジの売上が自動で取込まれることになり、入力の必要がありません。

Excelに現金取引を入力をしてCSVにして取込みfreeeの取引入力を極力使用しない

経費精算をクレジットカードだけにしようとしても、クレジットカードが対応していなかったり、割り勘にして現金払いになってしまうなどあると思います。そんな時には、直接freeeの取引入力を使うのではなく、Excelで入力したものをfreeeに取込むと非常に入力が早くなります。

freeeは自動で入力ができることを前提としているため、早く入力をすることには向いていない仕様となっています。

Excelで入力した現金取引明細をfreeeに取込む方法

Excelデータ(CSV)の作成

Excelと書きましたが、CSVの形式であればExcelでなくても構いませんので、Googleドライブのスプレットシートなどで作成しても取込みが可能です。

取込みに必要な項目は、下の画像のように日付・取引内容・金額の3つだけです。

勘定科目は、取込の際にfreeeが判断するので入力の必要はありません。

ひな形は、freeeのヘルプからダウンロードできます。

現金取込

freeeへの取込方法

現金項目の明細のアップロードからCSVデータのアップロード画面を開き、該当するデータのタイプを選び次へで明細を取込むことができます。

後は、口座などを自動同期した際と同様に取引の登録をすれば終了です。

現金取込2

現金取込3

まとめ

freeeでも現金取引は自動で同期することはありません。

しかし、Excelやクレジットカードなどの代替案を探せば通常の会計ソフトで入力するよりも格段に経理の作業が早くなります。

どうやったら入力作業が楽になるかと考えないと、たとえfreeeを使ったとしても作業の効率化は難しいかもしれませんね。

管理人

山田周平

山田周平

サックス好きの税理士です。 税金だけでなく、趣味などについても書いていきどんな人物なのかがわかるようにしていきます。

最近のコメント

    にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
    にほんブログ村
    クラウド会計ソフトfreeeフリー

    パートナー事務所

    logohiromasu2
    
    UA-67246197-1