山田税理士事務所

freeeの導入、税金、会計、Excel&ITを使った合理化をサポートします。

freeeに対応していない銀行口座・事業主貸を口座登録するには?

time 2016/06/09

freeeに対応していない銀行口座・事業主貸を口座登録するには?

freeeで対応していない銀行口座は無いというくらい、freeeは銀行口座に対応しています。

しかし、対応していない銀行口座も考えられますので銀行口座や提携サービス以外の事業主貸などの科目を自動登録する方法を合わせてお伝えしていきます。

freeeに対応していない銀行口座・事業主貸の口座登録方法

最初の口座登録以外は手動で明細を取込む手順と同様です。

他の登録方法として、その他の決済口座を登録がありますが決算時に現金にまとめて含まれることになってしまいますので小口現金の科目を作る以外ではあまりお勧めはいたしません。

1.口座から口座を登録を選択します。

freee口座登録1

2.どこの銀行でも構いませんので銀行を選択し、手動で取引を登録するを選択します。

freee口座登録2

freee口座登録3

3.freeeのホーム画面の口座一覧から先ほど登録した銀行を選択し、歯車マークを選択します。

名前を取込みたい銀行名へ変更します。

freee口座登録4

freee口座登録⑸

4.日付、収入、支出、残高、摘要が記載されている明細をCSVファイルで用意します。freee口座取込6

5.freeeのホーム画面から取込みたい口座の明細のアップロードを選択し、4で作成した口座のCSVをアップロードするファイルとして選択、新しい形式のCSVデータを読み込むを選択し、次へを選択します。

スクリーンショット_060916_110358_AM

freee口座取込9

6.取込んだCSVの条件を選択し、次へを選択します。

年月日等の各項目を選択しOKを選択すると取込が完了します。

一つでも条件に漏れがあると口座の取込ができませんので注意が必要です。

freee口座取込⑽

freee口座取込11

なぜ事業主貸などの科目を口座登録するのか?

freeeでの帳簿の付け方で書いた通り、freeeが従来の会計ソフトに比べて有利な点は、手順を守れば手動でやるべき作業が劇的に減ることです。

つまり、手動で入力をしてしまうと従来の会計ソフトと同じこととなり、freeeを選択する意味が無くなってしまうからです。

 

管理人

山田周平

山田周平

サックス好きの税理士です。 税金だけでなく、趣味などについても書いていきどんな人物なのかがわかるようにしていきます。

最近のコメント

    にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
    にほんブログ村
    クラウド会計ソフトfreeeフリー

    パートナー事務所

    logohiromasu2
    
    UA-67246197-1