山田税理士事務所

freeeの導入、税金、会計、Excel&ITを使った合理化をサポートします。

税理士が教える、サラリーマンがやると損する節税。

time 2019/05/21

ネット上では様々な節税方法が書かれていますが、その記事を書いている人は税理士でしょうか?

聞きかじった方法や申告をして少したっても税務署が来ないから書いているだけで安全でない可能性が大いにあります。

その中でも絶対にやるべきでない節税を解説します。

 

サラリーマンがやると損する節税

サラリーマンがやると損する節税は、副業で赤字を作って損益通算と不動産投資で赤字を作って損益通算です。

損益通算はこちらの記事を参考にしてください。

確かに副業として何か事業をやり赤字をだしたり、不動産投資で赤字を出せば確かに税金は減りますが、赤字になっているため自分自身のお金のトータルで見ると持ち出しが多くお金が減っています。

計算を簡便化するために社会保険や基礎控除は無視しています。

1.副業や不動産投資をしていない場合

給料年収 4,000,000円

所得税 168,500円

税金差引後の残り 3,831,500円

2.副業で赤字を出している場合

給料年収 4,000,000円

事業収入 1,000,000円

事業経費 2,000,000円

所得税 83,000円

税金差引後の残り 2,917,000円

3税金差引後の残りの差額

914,500円

まとめ

副業を反対しているよう見えるかもしれませんが、会社以外の収入を作るという意味での副業はどんどんやり会社をいつでも辞められる準備をしておくべきだと考えています。

しかし、目先の税金を少なくするためだけにやる副業(ある意味脱税)は絶対にやめるべきです。

倫理的にもそうですが、税務署から発見された際のペナルティーである加算税等がかなり重くなりさらにお金が無くなってしまい本末転倒となります。

管理人

山田周平

山田周平

サックス好きの税理士です。 税金だけでなく、趣味などについても書いていきどんな人物なのかがわかるようにしていきます。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
クラウド会計ソフトfreeeフリー

パートナー事務所

logohiromasu2

UA-67246197-1