山田税理士事務所

freeeの導入、税金、会計、Excel&ITを使った合理化をサポートします。

Gmailの送信間違いは、送信後30秒以内なら取り消せます。

time 2015/11/24

Gmailの送信間違いは、送信後30秒以内なら取り消せます。

送信した後に、添付ファイルを間違えた事に気づいたり、今のメールちょっと待ってなんていうことがあってもGmailなら送信後30秒以内なら送信を取り消すことができます。

取り消しの設定方法

Gmail画面右上、歯車マーク内にある設定を選択。

設定の全般内にある送信取り消しの送信取り消し機能を有効にするにチェックを入れます。

その際に取り消せる時間を5,10,20,30秒のいずれかから選択し、最下段にある変更を保存をクリックし、変更内容を保存します。

gmail取り消し

設定が変更されていると、送信後下記の形で「取消」が選択できるようになります。

選択すると送信がキャンセルできます。

gmail取り消し2

送信前の確認

取り消せるとはいえ、取り消しの状況にならないことが一番です。

当たり前のことですが、送信前に本文を読み直す、添付ファイルは指さし確認をすれば取り消しをする必要が少なると思います。

まとめ

自分は大丈夫と考えず、いくら注意をしていてもミスは起きるものと考え、ミスが起きた際に少しでもミスを取り消せるように準備をしておきましょう。

 

管理人

山田周平

山田周平

サックス好きの税理士です。 税金だけでなく、趣味などについても書いていきどんな人物なのかがわかるようにしていきます。

最近のコメント

    にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
    にほんブログ村
    クラウド会計ソフトfreeeフリー

    パートナー事務所

    logohiromasu2
    
    UA-67246197-1